らいぶちゃっとは楽しいけど、気がつくと結構使ってしまってたりする…

そんな人もいるかもしれません。
オナニー
基本的にはポイントを前もって購入する方法ですから、節度を持って利用すれば使いすぎるということはありません。

ここでは「チャットレディの口車に乗せられて利用料金をむしり取られることは無いだろうか?」についてお話していきたいと思います。

キャバクラはどんなところ?

皆さんは「キャバクラはどんなところ?」と聞かれて何と返答するでしょうか。

キャバクラに行きモテない男性はまずいません。

キャバ嬢は男性をおだてたり、褒めたり…基本的に男性をもてなす行為を行います。

男性もそれはわかった上でキャバクラに遊びに行っているのです。

らいぶちゃっともそのようなものだと理解してもらえればと思います。

チャトレの努力

キャバクラとらいぶちゃっとの大きな違いは給与形態にもあります。

基本的にキャバクラは時給+歩合というところが多いです。

むろん細かなところはお店によって違いますが、大方このようなケースが多いです。

らいぶちゃっとも時給+歩合ということもあるようですが、基本的には完全歩合です。

お客さんがログインしてくれなければ給与が発生しないのです。

保証してくれる事務所もあるようですが、基本的には歩合となります。

ですから、チャトレとしては何としてでもお客さんに長くいてもらえるよう努力しなければならないのです。

その方法は女の子によっても異なります。

際どい演出する、擬似セックスを披露する、おもしろい話、楽しい話題…

ありとあらゆる手段でお客さんに満足してもらおうと頑張っているのです。

「ついつい」というのは相手のせいではない

キャバクラや風俗、らいぶちゃっとに限らず「つい」やってしまったなんてことはよくあると思います。

友達や知人などからちやほやされたり、おだてられたりして「ついつい」おごってしまった…

気が大きくなって買ってしまった…

などなど、そのような経験誰でも1度や2度はしたことがあるのではないでしょうか。

気分が良ければ羽振りも良くなってしまうものです。

そもそもキャバクラに何をしに行くかと言えば、気分を良くしたいという欲を満たしに行っているようなものです。

綺麗だったり可愛い女の子と楽しく会話したいっていう理由も当然あるでしょう。

キャバ嬢もそれをわかった上で仕事をしています。

ドリンクの注文、時間の延長などをお客さんにしてもらうためにも、彼女らは男性に気分よくなってもらうように振舞います。

らいぶちゃっともそれと同様で、お客さんに気分良くなってもらうために振舞います。

それを求めに男性はチャットをしているのですから、チャトレの口車に乗せられてということは少しおかしな表現になってしまうかもしれません。

自制心を持つようにしよう

らいぶちゃっと
難しいかもしれません。

それができないから「つい」ということになってしまうのでしょう。

しかし、それは自分自身の責任です。

キャバ嬢やチャトレの金づるになるかどうかというのは、他の誰でもない自分自身次第ということです。

らいぶちゃっとだから特別に自制心を強く持たなくてはならないというお話ではありません。

美味しいから食べ過ぎて太るというのも自分の責任。

運動しないから痩せないというのも自分の責任。

自ら楽しみたいと思って利用するらいぶちゃっとで使いすぎるかどうかというのも自分の責任でしかありません。

割り切って楽しみましょう

嘘やおだてというのはらいぶちゃっとに限らず、どのような場面でも見受けられるものです。

取引先の会社の人に対して取る態度は、少なからず嘘やおだてが含まれているはずです。

それを詐欺と言う人もまずいないでしょう。

相手もそれをわかった上で付き合ってくれているということは皆さんもご存知のことと思います。

理性ばかりに捉われると楽しめません。

感情ばかりに捉われると使いすぎになってしまうかもしれません。

あまり深く考えず、楽しめるものは楽しもうくらいの気持ちで割り切って利用してみてはいかがでしょうか。